健康関連情報
予防医学が主流となる時代
健康食品の定義
保健機能食品について
サプリメント消費超大国アメリカ
 
  サプリメント消費超大国アメリカ

  アメリカのサプリメント事情 -国民の意識-
 
  ハリウッドの映画やドラマで、「食事の後にサプリメントを飲む」というシーンを見たことがないでしょうか?

アメリカ国民は健康への意識レベルが非常に高い。 アメリカ人に「サプリメントを使ってる?」と尋ねると、大半が「使っているよ。」と返答してくると思います。それくらい、アメリカではサプリメント(栄養補助食品)は人々の生活に深く根付いており、アメリカ国内にはサプリメントを扱うお店が数多く存在するのは勿論のこと、医師が治療のためにサプリメントを使うことも多々あります。 これを数字に表すと、アメリカ国内の成人人口の60%以上がサプリメントを利用しており、経済的な部分でもサプリメント市場は2兆円を超える規模となっています。

  では、アメリカではこれ程までにサプリメントが消費されているのでしょうか?
一つ目の理由として「べービーブーマーの高齢化」にあります。彼らは科学万能と大量消費全盛の時代に育ったため、若かりし頃の化学食品の大量摂取や飽食を反省し、健康を取り戻そうとサプリメント(栄養補助食品)に強く期待しているのです。

二つめの理由に「健康保険制度」にあります。
アメリカには日本のような国による健康保険制度は存在せず、全て民間の保険会社が運営・管理しています。そして、この民間保険会社の加入金額が高額であるため、アメリカ国民の2030%は保険に加入していないと言われています。

 このような理由から、アメリカでは多くの人々がサプリメントを積極的に摂取することが、「健康を維持するための最も効率的であり、安上がりな方法」という認識を持っています。
   
  アメリカのサプリメント事情 -法律的な背景-
 
アメリカのサプリメント市場は法的にも整備されている 941025日、当時のアメリカ大統領であったクリントンは、「食事がライフスタイルや寿命に与える影響に国民の関心が高まっている。政府がサプリメントへの対応を、健康増進のために改めることは時流にかなうものだ」と述べ、栄養補助食品健康教育法(DSHEA法)に署名。

この法律によって、サプリメントは「食品」と「医薬品」の中間に位置づけられたわけですが、その背景には実際的な問題、すなわち、心臓病や肥満など生活習慣病の増加や、高い医療費などによる国民の健康意識の高まり、といった国民の生の声があったことも事実で、法案が示されると、一般市民から200万以上の賛成意見が寄せられたそうです。その当時のことを、法案づくりの中心になったオリン・ハッチ上院議員のチーフスタッフ、パトリシア・ナイト氏は、 「国民が議会にあれほど関心を寄せたのは、ベトナム戦争以来のこと」と述べています。こうして、圧倒的な賛成の声を背にして、法案は上、下院とも全会一致で可決されました。

  このDSHEA法で注目すべきは、"情報の開示"ができるようになったことです。それまでは、製品ラベルに情報が表示されていませんでしたが、これを機に、「何に効くのか」「どう使えばいいのか」といった情報を手に入れられるようになりました。
   
  アメリカのサプリメント事情 -アメリカのサプリメントが優れている理由-
 
サプリメントメーカーの大半はユタ州に居を構えています。  アメリカの大手サプリメントメーカーの工場の多くは、冬季五輪が開催されたことでも有名なユタ州にあります。
ユタ州は1年間を通して湿度が低く、製造過程で余分な水分が含まれにくく、安定した製品ができるからだそうです。そのユタ州に工場を持つメーカーには、トランスファーファクターを製造する4Life、ネイチャーズ・ウェイ社などが居を構えており、各社とも「消費者から評価を得るには、効能や安全性を科学的に示すのが重要」という考えのもと、臨床試験の結果などを積極的に公開しています。

 こうした企業努力が、消費者へのアピールにつながっていることは言うまでもありませんが、ここで重要なことは、商品に対して、それだけ自信を持っているということです。逆説的に言えば、それだけの競争力を備えた商品でなければ、アメリカでは生き残れないとも言えます。
要するに、アメリカのサプリメント消費者の多くは、「自分の目で正しいものを見極め、自分の健康のために利用する」そういう賢さを持っています。だから、クオリティの低い商品や粗悪品は、最終的には市場から淘汰されていくわけです。 

 今日、アメリカのサプリメント市場には、そういった好循環が生まれており、そういった国全体の動きがバックボーンにあるからこそ、アメリカのサプリメントは世界で最も優れていると言われているのです。